パッケージデザインによって売り上げが左右する

売れるパッケージの秘訣

レディ

色や文字デザインも重要

商品の外観イメージを大きく左右するパッケージデザインは、その商品の売上にも少なからぬ影響を与えるものです。中身が同じでもパッケージを変更しただけで売上が大きく伸びたという実例は多く見られるため、各業界の企業ではあの手この手でいろいろなデザインを考案してきました。お客様が商品を思わず手に取ってしまうような魅力的デザインのパッケージが理想ですが、ライバル他社の製品より優れたデザインを考え出すのは至難の業です。一般にパッケージデザインを考えるにはまず商品の基本コンセプトを明確にし、ターゲットとする購入者層に応じたデザイン方針を打ち出します。形状やサイズといった制約を考慮した上で商品名やキャッチコピー等の文字を使用したり、写真やイラストを効果的に使ったりするパッケージデザインが出来上がっていくのです。完成したパッケージデザインはデータの形で印刷業者に入稿し、PPフィルムや紙などの素材に印刷されます。商品の売上を伸ばすためにはパッケージデザインにも工夫が必要になりますが、デザインの知識がない人にとっては難しいものです。心理学的な効果を生む色の組み合わせやインパクトのある文字デザインは売れるパッケージデザインに欠かせず、イラストのデザインにもセンスを要します。同じデザインでもPPフィルムや用紙などの素材を変えることで効果の高まる場合があり、光沢感やマット感を出す表面加工なども有効です。このようにパッケージデザインには数多くのテクニックが求められますが、デザインに自信がないという企業でもプロのデザイナーを利用することができます。専属デザイナーがパッケージデザインを手がけている印刷業者に依頼すれば、デザインからパッケージ印刷までの工程を一任できるのです。事前に希望するデザインや商品コンセプトについて入念な打ち合わせを実施することで、商品の売れ行きが大きく違ってくるのは間違いありません。

名刺を持つ人

安い費用で制作できる

名刺の発注を行う際に、多くの企業がWEB発注を利用する時代になっています。WEB発注のメリットは色々とありますが、いつでもどこでも発注することが出来るのは大きなメリットです。また、コストカットに繋がる可能性も高いのも企業にとっては魅力となっています。

郵便

店舗ビジネスに便利な封筒

透明封筒は、透明なポリプロピレン樹脂を素材とした薄い袋状の資材です。中味が一目で分かるため、店舗において衣類や小物などを包装したままの状態で保存・陳列するのに適しています。あて名シールを貼ればダイレクトメールや商品カタログなどをそのまま送付することも可能です。

封筒

会社や工場の名前入り封筒

会社や事務所の宣伝のためには、通常の封筒よりもオリジナルの封筒を使用した方がいいです。印刷業者に封筒印刷を依頼し、会社や事務所、工場の特色を出しつつも、刺激の少ない無難なデザインの封筒を作成しましょう。